ポケットのなかは暗くて、帽子がみつからない RSSフィード

死体 性病は偽装している。まるで生きているかのように。
 | 

2007-02-09

りんりん倫理のリスペクトってか 12:12 りんりん倫理のリスペクトってか - ポケットのなかは暗くて、帽子がみつからない を含むブックマーク

「パクるときはリスペクトを忘れずに!」ってイラっとくんなぁ。くわぁ。それをdisるためだけに著作権エントリ書きたい。

準備。

  • 作者にとっての著作権。閲覧者にとっての著作権。
  • 記号認知で著作の同一性を管理する。
    • したら機械的に著作権回避できちゃうね。
    • そこにクリエイティティはあるのかい?
    • 作者の感情と著作に関係をつけるのはどこのどいつだ
  • 金の話
    • 印税しかないのかビジネスモデルは
    • アドセンスとかある。認可おりるかしらんが。
      • 江戸川乱歩先生の孫と松本レイジ先生はblogを書けばいいのに
  • 著作物を利用して作る新たな著作物
    • すべての名前は一度もう名付けられてる
    • 生きてるうちが創作者なのよ。死んだらそれまでよ。
    • 貴殿らは権利が好きすぎる
      • 著作者(流通社)の金を稼ぐ権利 vs 職業著作者でない人の著作を利用する権利
      • それってほんとにvsかあ?
      • 2次創作に市場価値なんかあるからややこしくなるんですよ
    • 設定が酷似→認知したのは誰の心?
      • 音痴なガキ大将はすべてジャイアンなのか問題
      • すべての名前は一度もう名付けられてる---んなもんおどれのリテラシーひとつやろがい
    • 発想の流用・意味論的パクリは創作のルーツじゃないですか?
      • 逆に、同じ記号で意味を書き換えるのがニューウェーブ
  • 何が起源かなどどうでもいい。どっちがおもしろいかだ。
    • bloggerが発見しなければ誰がする
    • 歴史学者は伝奇作家のためにいるんですよ
    • 創作者は河原乞食の所業なれば恥を知りなさい。消費者は舌の肥えた豚なれば恥を知りなさい。流通社はサービス業なればサービスしなさい。会社は人格じゃねえから恥などくれてやらねえ。
    • その上で尊重しあえたら、humanityがよろしいようで。

もすこし真面目な言葉を選ぶほがいいかもだな。

 |