Hatena::Grouppretend

暗渠

2009-05-06

ホテルでの怖い話

| 20:06 |  ホテルでの怖い話 - 暗渠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ホテルでの怖い話 - 暗渠

無論、このブログホテルと言えばラブホテルブティックホテルファッションホテルレジャーホテルの類の事です。一応、念の為。

さて怖い話です。

今まで怖い女性の話をいくつか書いて参りましたが、今回も女性の話です。怖い女性の話

ただ、今回は少し毛色が違います。怖い話というか怪談というか。更に言えば時期尚早。ちょっと早くないですか?怪談なんて。

世間はゴールデンウィークですよGW日本語で言うと金週。お金を使う週って意味です。

気を取り直してはてなキーワード

ばけものに関する話。妖怪幽霊・鬼・狐・狸などについての迷信的な口碑・伝説。(出典/広辞苑第二版)

怪談とは - はてなキーワード

もう勘のいい人はどんな話か落ちまで読めてしまっているかもしれません。

それほど長い話ではありませんので、お付き合い頂けたらと思います。




つい、先日。

先日というか昨夜の話です。

連れとぶらぶらデートをして、朝までのんびり時間を使おうとホテルに泊まりました。

連れは腕の中で寝息をスースーたててます。終わったあとのダルさと共にぼーっとしながら時間が過ぎていく感覚楽しみます。無為に時間を過ごす贅沢。

外では、


「きゃっきゃ」

「あはは」


女性特有の話し声が聴こえます。

連休、みんな飲んで飲まれて楽しそうです。本当に不景気なんでしょうか?

そんな事を考えているとまぶたも少しずつ重くなり始めました、ウトウト。ウトウトと。

安っぽい調光で薄暗くなった室内を寝ぼけまなこで見渡します。

部屋に入り口の壁の一部に光が射しています。どうやら玄関の明かりが入ってきているようです。


玄関の明かりは消したような…?


確認しに行こうにも連れを起こすのは悪いですし、眠くて面倒だったので大して気にも留めませんでした。

ぼんやりとした視界は時間感覚をもまどろんだその空間に飲み込んでいきます。

入り口に射した光に一瞬。黒い影がうつりました。

それを見て、廊下の明かりが漏れているんだと思いました。誰かが廊下を横切った。その影。

相変わらずカーテンの掛かった窓の外の下のほうからは時折、女性やら男性やらの楽しげな声が聞こえます。


「きゃっきゃ」

「うふふ」


ぼんやりした視界、見ている全てが間接視野のような視界。

それと同じような聴覚。聞いているようで聞いていない。聞いてもないのに耳に入ってくる環境音。

眠るには最高のBGMです。週末の街の夜。



ドタドタドタと廊下を走り抜ける音が聞こえました。

足音からすると二人?酔っ払ったカップルでしょうか。


「きゃっきゃ」

「いやーん」


どうして遠くから聞く女性達の声というのは、いつどこで聞いても同じように聞こえるのでしょうか。

視界の周りは暗くなってきています。もう起きていられない。このまま目を閉じたら朝になってしまいます。休前日の夜という特別な時間を失なってしまいます。

少しだけ、このまま眠ってしまうのが勿体無い。そう少し前に思って。思っていた事すらもうその時には忘れていました。どれくらいの時間が過ぎたのでしょうか?1時間?2時間?もしかしたら5分と経っていないかもしれません。



ドタドタドタと廊下を走り抜ける音が聞こえました。

流石にうるさいなと思いました。

いくらなんでもはしゃぎ過ぎだろうと。

フロント電話を掛けようか?そう考えた瞬間でした。

女の影

うずくまっているような

私の視線は部屋の入り口に向いています。

私はベッドの真ん中で横になっています。

枕を肩甲骨の辺りに当てて、肩から上を起こしています。

そして入り口は左。

当然、私の視線は左を向いています。

その視線から外れて、視界の右隅。

黒い何かが映っていました。

丸みを帯びたシルエットから女性かと思いました。

いや、このときは単純に全てを感じていました。

考えるという暇すらないような一瞬の出来事のような。

間接視野で視界を捉えるように全ての理解が一瞬で済んでいました。

さっきまでの騒がしさがありません。

窓の外からも何も聞こえず。廊下を走る足音も。連れの寝息さえも。

私は顔を動かせません。視線をそちらに向けると何かが始まってしまいそうだと、そしてそれを怖いと感じていました。

私が思考を中断した瞬間に突然現れた。それ。

しかし、おかしな感覚は続きます。視線を動かしていないのに間接視野から詳細な情報が流れ込んできます。

その女性はベッドに腰掛けています。私の足元に。

髪は毛先に掛けてウェーブが掛かっており、黒く光っています。

そして、黒のワンピース

女の影だと思ったのは黒のワンピースに腰まで真っ黒な髪の毛を伸ばした女性でした。

腰掛けた女性の髪の一部がシーツに垂れています。長い、長い髪の毛。

見たくない逃げ出したい怖い。そう思えば思うほど神経は意識はその女性に集中してしまいます。

声を上げるべきか迷いました。しかし、怖いのです。声を上げる事すら。

女性が動きました。片手を私の足元について、のそりとこちらに向かうような素振りをしました。

もう無理これは危ない危険が危ない

連れを起こそうと思いました。大きな声で起こして、すぐここを出ようと思いました。

視線を連れに向けるとさっきと同じように眠っています。

こんな事態なのに寝るなっと突っ込みたい自分をそれどころじゃないだろともう一人の自分が押さえ込みます。まるで馬鹿みたいです。本人は必死です。

そして連れに視線を落とした私の視界。左上に女がいます。

連れは私の左腕で寝ています。女はその横に腰掛けています。



!?



懐かしい週間少年マガジンの演出ではありません。頭の中で言葉にならないのです。

もうかっこ悪いとか言ってられません全身全霊を掛けて叫ぼうと思いました。あーでもきゃーでも。

腹部に力を込めます。B'zをカラオケで歌うときのようにシャウトしようと思いました。

しかし声がでません。声がでないというよりは口が開きません。私の意に反して口を「あ」の字にもできないのです。



終わった…



私は観念します。それが何なのかわかりません。

私はゆっくりと見上げます。その動作すら自分のものではありませんでした。

私の眼球だけは未だに下を見ています。本能がソレを見てはならないとでも言っているかのようです。

しかし、もしそれが何なのか見れるのならもうどうなっても、どうせ何もできないのだからと。

女は腰掛けています。私の連れには興味がないようです。見えていないような感じがします。それがわかって安心しました。

私は何かおかしい事に気が付きました。

女は腰掛けています。

しかし、胸の膨らみがこちら側にありました。

通常、ベッドに腰を掛けた状態でこちらを見るには上体を捻らないといけません。

しかし、その女は上体を捻っていません



ひぃ。



私は更にひとつ恐怖の層に沈みます。

もうやだ。情けない声でいいから上げたい。

女はベッドで眠る恋人にそうするように手を伸ばしてきました。

180度下半身と逆になった上半身。そこから生えた腕がゆっくりと伸びてきます。

という事は後ろ頭だと思っていたのは顔なのかと思いました。

長い髪を先から私の視線は上へと辿っていきます

女の手が私の視界に伸びてきます。

もう少しで顔が見える…

女の手が私の視界を遮ります。




そこで目が覚めました。

連れが不思議そうな顔でこちらを見ています。

「え…」

私は一瞬、状況が理解できず素っ頓狂な声を出します。

気の抜けた情けない声。自分を取り戻す安堵の声。口から出した声を耳から吸い込んで落ち着きます。

「あれ?もしかしてうなされてた?」

「うなされるって程じゃないけど白目でうーんうーんって言ってた」

「ちょ…」

「頭撫でたらとりあえず落ち着いたと思ったら起きた」

「ああ、そっか」

「なんか飲む?」

「う、うん」

私は確認します。玄関の明かりは消えていて入り口の壁には光など射していません。

しかし、夢で見たもの全ての配置とまったく同じです。気味が悪い。

冷蔵庫の開く音。

炭酸飲料の缶を開けるぷしゅっと言う音。

私は迷います。話すべきか。

ベッドから降りてすぐ脇にあったカーテンを開け窓を開けます。

開きませんイミテーション良かった窓なんてなかったんだ…。良くない。ぜんぜん良くない。飾りの窓枠に耳を当てても外からは何も聞こえません。そしてこの部屋は10階。

連れが持ってきてくれた飲み物を一気に飲み干します。

連れは私の異常にすぐさま気付いたようです。

私は顛末を話しました。

そして整理を兼ねて、部屋に置かれているノートにも書きました。

そういえばライ麦畑でつかまえての一節が書かれたノートが一時期どこのホテルにもあったのですが、あれはなんだったんでしょうか。

「なんかここ嫌な感じするから家に戻ろう?」

フロント電話を掛けて駐車場に向かいます。廊下は絨毯が敷かれていて軽くジャンプしてみても足音なんてしませんでした。そして外は強い雨が降っていました。酔っ払いが外に居る筈もありません。

車に乗り込もうとしたときに



「きゃっきゃ」

「うふふ」

「ねー?もーかえるのー?」



上の方から聞こえてきました



「なんか聞こえた?」



連れに確認します。



「ううん、何も?」



ここに書いた話がホテルノートにお世辞にも綺麗とは言えない字で書かれていたらその部屋では眠らない方が良いと思います。

2008-04-15

ドキ!!ゴルゴ女だらけの飲み会ポロリもあるよ

| 15:44 |  ドキ!!ゴルゴ女だらけの飲み会ポロリもあるよ - 暗渠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ドキ!!ゴルゴ女だらけの飲み会ポロリもあるよ - 暗渠

巷でよく見かける彼女たちはゴルゴ女と言うのか…



という訳で表題の件。

ある時、mixiコミュ飲み会に誘われました。

丁度、仕事も一段落していて暇だったので快諾。

もちろん、全然知らない人達ではなくて、よくライブで一緒になって打ち上げとかもしてました。

遊び友達より少し面識薄いくらいの面子。

部屋が広い人が居るらしく、そこで飲むとの事。

買出し班なども決まっていて、会費も安い居酒屋で飲むより安い2500円。

少し早めについたので買出し班のお手伝い(荷物持ち等)したり。

料理も決められた人達が作るらしく、素晴らしい手際で次々におつまみやご飯ものが出てくる。

皆動きいいし、慣れてるなぁなんて思いつつ私はやる事ないので正座

人数は8人。男3の女5。この時点でなにかおかしい事に気付けよと。既に孔明の罠

いや最初は何も聞かされてなかったんですよ。誰に言い訳してんだ。でも聞いて。

場所と会費だけ。mixiメッセージで。

あとは、誰々くん来るよーとかそんなんで。ならいっかぁみたいな。

それでも、皆見知った顔だし、人見知りの激しい私も会話できる程度には知り合い。

料理も美味しく、会話も楽しくて、ちょっとノリが学生ぽいかな位で。

煽られて一気飲みとかしちゃったりなんかして。



中盤くらいですかね。隣の方がですね。

私の太ももに上に手を置いているんですよ。ず っ と

その人を横目で観察しても、普通の顔で皆と普通に喋って、笑っている。

もしかしたら 無 意 識 な の か な っ て

何回かは手をずらして下に落としたりしてたのですが、また戻ってくる。

飲んだら人恋しくなるのもわかるので、放っておきました。

ぶっちゃけ面倒になっただけですが。

そうするとですね。私が許したと感じたのかわかりませんが。

今度は太ももを摩って来ました

おいおい、ちょっと待てよと。この飲み会は按摩サービス付きかよと。

もう表情を取り繕うのが大変で大変で。だって触られているのがバレタら嫌じゃないですか。

どうやら、この飲み会パートナーが居ないのは私と彼女だけのようで。

まぁ開催した側の意図と、私がなぜ呼ばれたかは話を聞いててなんとなく察する訳です。

彼女も可愛い人だと思います。私好みの背の高さで(ミクロ専)

ただ、ですね。私は先に気持ちありきじゃないとダメなんです。

付き合ってる人居ないならいいじゃん付き合っちゃいなよというのが一番キライパターンでして。

もし触られてるのがバレテ。


「あー○○ちゃん!○○君の事気に入ったのー!?」


みたいな流れは最悪。ちょっと幼稚ではありますが。

結構ハイペースで飲まされたのと、このイライラというか焦燥感で酔いが回ってきてしまいました。

なので追加のお酒買ってくると言って外へふらっと出て行きました。



これ買ってきてと頼まれ、見ると結構な量に。


「あ、大変でしょあたしも行くよ」


と言ってついてきたのはショートカットパーマ掛かった髪が似合うサバサバした子。

今日飲み会の中では一番話しの合う子でした。もちろん気も合います。

隣に居た子じゃなくてほっとしました。


「どうせばっくれてタバコでも吸おうとしたんでしょ?」


流石。お見通しです。


「うんー。○○ちゃんだっけ?なんか苦手で…」


彼女からタバコを一本貰い火を付けて貰いました。


「あーそーなんだ?じゃあ戻ったらこっちの席きなよ」


そんな話をしつつ、コンビニで両手いっぱいにビールやらを買い込みます。

私は両手に飲み物を持ち、彼女スナック菓子やら紙皿やらを。

帰りは行きよりも遅い足取りで、もちろん私が戻りたくないからなのですが。

彼女同棲している彼氏の話などをしている。私はもう一本タバコが欲しくなりました。


「いいよ?はい」


彼女は微笑んでタバコ差し出してくれました。

と同時に私に抱きついてきたのです。


「おーい?なにしてんすか」


言葉とは裏腹にこっちも酔っていて女性特有の甘い匂いが鼻をつきます。


「んーいいにおい」


人 の 話 を 聞 け 。


彼氏に怒られちゃうでしょー」


両手が塞がっている私はとりあえず声を出すしかありません。


「ちょっと元気でた」


彼女が見上げました。うっすらと涙の溜まった笑顔。頬が真っ赤に染まっていて、酔っているのがわかります。

不覚にもドキッとしてしまいました。

言っておきますと私は酔っている女性が大変好きです。正確には酔っているパートナー女性が。

酔ったときの艶やかな表情は何者にも代え難いと思います。


「ありがと」


彼女は唇を私に押し付けてきました。


お礼ー」


正直お金を取られたような気になりました。


「全然嬉しくない」





さて部屋に戻ると外へ出かけてる間に人数が増え、結構な騒ぎになっています。


「あー派手にやってんなー。これ頼まれたもんね」


私は広間に戻るの事を躊躇し、キッチンの近くでぼーっとしていました。

正直そこに参加する元気はありませんでした。

すると、


「なにこんなとこでぼけっとしてんのよー」


ビール片手に酔 っ 払 い が 多 数 襲 来

狭いキッチンがすし詰めに。


「わかったわかったから!飲むから!あっちで飲もう?」


と宥めて賺して立ち上がりました。

突然、


「ねぇなんでこんなにお尻小さいのー?」


と私のお尻を撫でてくる女性が。


「ちょちょちょw何触ってんだよ金とんぞ!」


思考回路ショート寸前です。


「だってー今日居る子の中で触れるのキミだけなんだもんー」


いいですか?現状の日本彼女の居ない男の子を触って良いという法律は 存 在 し ま せ ん

調子の乗って次々の他の子達も触ってきます。

シャツを捲ったり、背中に手を入れたり。挙句の果てには下を脱がそうとベルトに手を掛けたり。

ちょっと待てこれは公開レイプだ。

いくらドMだと言われようとも思われようとも自覚しようともこんなのはイヤ


「はいはいはいーストップー!帰るよーもうー調子乗りすぎ飲み過ぎ」



次の日に、皆から謝罪のメールなどが着ましたが、それ以来その面子の飲み会には顔を出していません。mixiも辞めました



という訳で恒例のライフハック

女性と親しくならない為のたった二つの冴えたやり方

  1. 女性と二人きりにならない。
    • 例:「あ あたしもいくよー」「ごめんオレ一匹狼だから」
  2. 女性の相談を聞かない
    • 例:「でねー彼がさー」「今さー高萩に留置中のクハ401-51が欲しいんだよねー」

2008-02-22

ベッドの上のトラウマ

| 21:55 |  ベッドの上のトラウマ - 暗渠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ベッドの上のトラウマ - 暗渠

昨日ぽろぽろとTwitterで呟いていたら実存さんのが面白かった(面白いってひどい)(興味深いこれだ)

今まで生きてきた中でのトラウマ

その8割はベッドの上で作られるといっても過言ではないと思います(言いすぎ)

書けるトラウマと書けないトラウマもありますが(大人の事情

周りの友達と話していると女性男性で傾向が分かれる様な気がしました

女性男性のちょっとした一言で傷ついてる人が多い

「腰の使い方が下手」

とか言われて騎乗位がイヤな人

「喘ぎ声が変」

と言われて声を押し殺すようになった人

私もうっかり酷い事言ってしまっているかもしれないと思って急いで思い返して思わず自慰サルか)

言ってない・・・はず(言ってたらすいません)(誰に謝ってる)

してる時は言葉責め以外は基本肯定で!褒めて!(テンションがおかしい)

そして逆に男性は引っ叩かれたとか縛られたとか割と行為に拠るものが多い(統計じゃなく感覚

私の中でのトラウマは寝られた事(しかもしてもらってる時としてる時の両方)(お前のがよっぽど・・・とか残念そうな目で見ないで!)(でも見て!)(パクリ

咥えられたまま寝息が・・・

酔っ払っていたし疲れていたから寝るのは構わない

だが問題はここから!

赤ちゃんが指を吸うように吸っている・・・!

私のは通常サイズになって抜けると思っていたのだが考えが甘かったようで

さてここで勢いよく引き抜ける男性が居るだろうか?(居ないよね?)

もし彼女が引き抜かれるモノに向かって歯を立てたらどうなるか考えるだけでも恐ろしい



ぶっちゃけますが私はやられた事があります(こっちのがトラウマ

その女性は私が若かりし頃にお付き合いさせて頂いた方なのですが

「私あんまり自信ないんだお口でするの」

と申しておりました(今の今まで忘れていたが私は浮気相手だったらしい)(思い出して凹む)

そんな事言われたら自信付けて欲しいじゃないですか(他の男の為にだったら教えなかったyp!)

練習台でもなんでも使ってよと(書いてて泣けてきた)

つーか「お口でさせて?」と言われて断る男性なんて見たこと無い(他の人のセックスなんて知りませんが)

んで彼女やっぱりぎこちがない

なんだろうと思ったら口の開きが小さかったんです(もうオチわかった人は経験者)

男性のにカリって部分ありますよね?あるんですが

あれの膨らみの下の部分から歯でぞりりっとね☆

もうほんとにこーゆー音がした(気がした)(ヘルシングとかに出てきそうな擬音語!)

もう逝った(地獄へ)

泡吹いて気絶してもおかしくない

抉れた!って思った本気で

思わずぎゃっとカエルを踏み潰したときの泣き声を出し

そこで彼女

「え?痛い?やっぱダメ?」

としてもらってこんな事言われたら痛いなんて言えない



----



という事がありまして怖くて引き抜けずかといって眠りにもつけず

彼女が口を離すまでガクブルしてました

あれは人生史上一番縮こまった日(ナニが)

眠たいときはしないで寝ましょう!咥えたものは離して!

それ以来女性に「どうしたら気持ちいいの?」と聞かれてレクチャーするのもちょっと怖かったりします

既に知ってるだろう事を言うのはかっこ悪いし

今はネットでも情報あるし男性よりも女性の方がお口のテクニックは詳しい気がするのですが実際どうなんでしょ?

あれかそもそもテクニックを聞いてるんじゃなくてどうして欲しいか聞いてるのか(自己完結

どうでもいいですがナニの中に髪の毛を入れる女性が居まして(多分偶然

彼女と致した翌日シャワーを浴びてびっくり

長い髪の毛が一本出てくるではありませんか

なんて手の込んだ浮気防止策・・・!

女性のお口には気をつけましょう

2008-02-06

追ってくる女(8)

| 19:22 |  追ってくる女(8) - 暗渠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  追ってくる女(8) - 暗渠

http://pretend.g.hatena.ne.jp/culvert/20071219/1198035369から



正直足が重たかった

俗に言う修羅場とは別だがしつこい勧誘を断りに出向くような

ああ面倒だな私の人生

ラウンジで待ち合わせ軽く食べながら談笑

適度に距離をとる相槌を繰り返し重ねていく

ひとつひとつ慎重に間違えないように

泊まりや好意を連想させる事を一切言わない

話していて自分でも冷たいと感じる

ここでご飯を食べたら常考シリウス

友達は気になった女を落とすならここと何度も言っていた

あんな高いトコ行けないよと返していたがまさかこんな形で来る事になるとは

彼女モードが変わった



アン:「今付き合ってる人いないんでしょう?じゃあいいじゃん」

クル:「ん~当分誰とも付き合う気ないよ好きな人もいないし」

アン:「なんで私じゃダメなの絶対好きにさせるよ」

クル:「そんな事言われても今付き合おうっていう気にならないんだもん仕方ないじゃん」



熱くなるな感情的になるな感情を出したら相手は付けこんで来る

未来に期待を持たせるな今日で全部終わりにするんだ

相手にダメージを与えるな泣かれでもしたら厄介だ

全て受け流して時間切れを狙いつつ少しずつ切り落として行くんだ

同じような台詞を互いに返しつつ数十分が経った

膠着している状態に苛立ち始めたのか



アン:「私はこんなに好きなのに」

アン:「また何するかわかんないよ」



ゾッとする脅しかこんな口説き文句は初めてだ

こちらもいい加減消耗し切っている



クル:「どうしても好きになれないんだごめん それは変わらないよ 僕以外にいい人なんていっぱい居るよ」

アン:「せっかく二人で過ごせると思って部屋取ったのに」

クル:「今度は僕じゃない人とおいで さてそろそろ帰るよ」

アン:「・・・もう会えないの?」

クル:「うんもう会えない会う気はないよ」

アン:「そっか・・・さよなら」

クル:「うんバイバイ」



長い長いエレベータを降りる

途中誰も乗ってくる人はいなかった

私をいつもの地に足着いた現実へ連れ戻すかのような鉄の箱

遠くなる最上階に過ぎ行く階層が今までの事が夢だったかのように流れて行く

チンと音がなりドアが開く

大理石フロアに私の足音と首を鳴らす音が響いた

2008-01-25

Re:それにしてもモテませんね。

| 11:20 |  Re:それにしてもモテませんね。 - 暗渠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Re:それにしてもモテませんね。 - 暗渠

言ってる事もまったく同じだけど私からみるとモテているように見える友人が居る

どう違うのかちょっと考えて見たら「あ!」と思った所があるので

これをすればモテる!という話とは違うけれどその差だけ



オレ「なんかあれだよね。どんなフォームで投げてもガーターになるボーリングみたいな気分だよね」
友達「まっすぐ転がってたのに、ピンの前でくいっと曲がって溝に入るみたいな」
オレ「すんげー、わかる。そんなことが何回も続くと『もう、どうしろと。』って言いたくなる」


ここでは飲み会合コンボーリングに例えている

で私が思ったポイントの違いのようなもの

互いにボーリングをしている限りはパブリックな場であってプライベートじゃない

恋愛なんて入ってくる訳がない

例えば女の子が話の面白い男子やかっこいい男子と盛り上がっているのはパブリックな場での女性に求められる役割でしかない

社交辞令みたいなもの

じゃあどうするか

例えばトイレに席を立ったら後を追う

飲み会の後も誘う

断られても何回か誘う

とにかく二人きりになる

好きになるという事はどれだけ一緒に居てくれるかという事

ボーリング場で競っている以上は恋愛には持ち込めない

恋愛は場外乱闘なのだから

私の友人はその切っ掛けを作るためにありとあらゆる事をさらっとやってしまう

帰り道を偽って女子を家まで送っていったりタクシーに一緒に乗って帰ったり

これじゃストーカー変態だとしか思えないがそれが良いという女子もいるらしい